ミャンマー国鉄蒸機撮り歩き

はじめに

 NHK・BSで『煙はるかに』と題する世界の蒸機機関車を紹介する番組があったらしい。ある晩私は深夜に帰宅しTVのスイッチを入れると、偶々この番組のミャンマー編に遭遇した。本人は見ているつもりだが翌日起きてみると記憶はさっぱりである。しかし私はミャンマーに行くことに決めた。ANAのマイレージ特典を利用してバンコックまで行き、そこからヤンゴンに飛べば良い。バンコックにいる娘に連絡をとると、知り合いの日本人旅行社を利用して蒸機機関車の情報を集めてくれた。だがどうも違うようだ。と娘に言うと娘は『NHKのウェブサイトで調べてみて』という。早速それらしい窓口にメールを送ると返事がきた。いわく『数日後のBSで再放送致しますのでご覧下さい』とある。なんと言うタイミングの良さだ。今度こそはとその番組を見て行き先を決めた。途中経過は色々あったが、実際の行程は次のようなものであった。

  11月28日(水) 10:00NRT発 BKK経由 18:50RGN着、チャーター車でバゴーへ、
           バゴー泊(バゴースターホテル)
    29日(木) バゴー-ニャウレビン駅撮影⇒ピュンタザ(PTZ)機関区撮影⇒アダチ駅撮影
           ⇒ バゾンミャウン駅撮影 ⇒ バゴー(バゴースターホテル泊)
    30日(金) バゴー ⇒ バゴー機関区撮影 ⇒ PTZ区撮影 ⇒ ニャウンレビン駅撮影
          ⇒ バゾンミャウン駅撮影 ⇒ タングー(タングー アメージングホテル泊)
 12月 1日(土) タングー ⇒ タングー運転指令所(情報収集) ⇒ YETASHAE製糖工場撮影
          ⇒ SWA駅(Yb533に添乗) ⇒ タングー泊(アメージングH泊)
     2日(日) タングー ⇒ ヤンゴン/INSEIN工場 ⇒ RGN ⇒ BKK ⇒ BKK泊
     3日(月) BKK02:00発 NRT10:00着 ⇒ 会社


地図

 ミャンマーの印象を一言で言うのは困難だが、思っていたよりずーっと明るい国だ。現地のガイ ド氏が好青年であったことも影響していると思うが、行く先々で私は暖かい人間関係を持てたし、 そこで困った思いをしたことがなかった。国民全体はまだ貧しい状態なのだろうが、何となく清潔 で表情も穏やかであったし、ヴェトナムで見かけた敵意のある目や、プノンペンで見えた殺意の消 えぬ顔つきとは全く縁のない人々の姿であった。どこに軍事政権があるのだろうと疑いたくなるほ どのおおらかさが人々には支配的だったように思う。機会があれば是非もう一度行きたい、 というより未完成な部分を埋めるためにも行かねばならぬのか、と思わせる国である。

ガイド
私をサポートしてくれた3人
左からガイド・タンさん、娘・泉、 ドライ
バー ジョニーさん

その2へ    トップページに戻る