『王賊』全体マップ(PNG画像)についての説明です。説明よ説明!


 『王賊』は、中盤以降テキストばかりで全体地図が表示されず、今どこで戦っているのか解りづらくなることがありました。そこで、各ミッションマップの位置関係を、判るかぎりで図示してみたのが、上記画像です。ただし、完全に確定可能な部分と、テキストから推測し得る部分、そしてほとんど想像するしかない部分とがありますので、あくまで私個人の解釈であるという前提で、各マップの位置関係について説明しておきます。
※――「王賊攻略 ソフトハウスキャラ総合wiki」が、作中オープニングで表示される大陸地図を掲載しておられます(上記サイトの該当ページ「王賊-地図・地名」)。初期状態の各国領土を確認するうえで参考になるかと思います。




 まず、マップが重なっているところ――具体的にはエルト王国マップから出発する8枚のマップ――は、正確につながっています。テキストとの矛盾もありませんし、実際に各マップ画像をつなげてみても同一縮尺のままでほぼ完全につながります。ただし、ルトの街の上部、ビルド地方西部と北部とは、本来はつながる筈なのですが、実際のマップ画像では不整合があります。少々残念なところです。ともあれ、この8枚のマップには、エルト王国、ビルド地方(旧ビルド王国領)、そして奈宮皇国西部が含まれます。
 なお、「抵抗勢力の女」のマップも、おそらくリオナ姫の地元、つまりビルド地方に含まれるものと推測されますが、どの辺りであるか詳しいことが分からないので、掲載していません。

 次に、ノイル王国領の3マップ。商業都市カウルを挟む2つのマップは完全につながっており、そして要塞都市クングールはビルド地方に繋がるヴィスト王国の拠点だと語られているので、おそらくノイル王国の北部国境線、つまりだいたい図のとおりの位置だと推測されます。他方で、盗賊退治をしたマップは、南西部(マップ左下部分)が海に面しているので、ノイル王国の南西部だと判断されます。

 旧神楽家領国の2マップも、つながっています。この2枚で神楽家領国の領土全域をカバーしているのかどうかは不明ですが。神楽家領国の位置関係は全体マップからもほぼ確定可能ですが、さらなる情報として、ヌワタ地方北東部に「桜庄村」があり、神楽家地方南部に「(潰れた)桜坂村」というのがあるので、この近辺は「桜〜地方」として近接した地域ではないかと推測されます。
 神楽家領国の北(上)、凪原砦のあるマップは四峰家領国内ですので、曖昧ながらだいたいこの辺りと思われます。間に旧神楽家領国(その時点ではヴィスト支配下)を挟んでいるので、エルト王国軍がどうやってこんなところまで出兵できたのかという疑問はありますが、東側の奈宮皇国領内を経由してきたのだと考えておきましょう。ちなみに凪原砦に攻めてきたのはインスマー軍、つまり四峰家領国の北にある旧インスマー公国の軍隊でした。さらに、そのインスマー公国とヴィスト王国との間には旧ロードレア公国があり、またインスマー及びロードレアの北部にはルウツウル小国連合があります。ご存じのとおり、ルウツウル小国連合は本編開始当初はヴィスト王国に抵抗していますが、中盤あたりでヴィスト王国の北方軍団に敗れて降伏したことが伝えられます。
 なお余談ながら、ゲーム開始時点での東方軍団の軍団長はセルバイアンですので、神楽家領国に侵攻して「王虎」に苦渋を味わわされたのはセルバイアン軍であった可能性が高いと思われます。こう考えれば、彼がジンに対して強い敵愾心を持っているのも納得できます。そして本編ではさらにさらに踏んだり蹴ったりな目に遭うわけですが……

 随意ミッション(青色ミッション)のいくつかは、西部にあります。海賊退治をした「ホークランド海」については、「ホークランド王国とノイル王国の間にある、大きな海」と説明されています。ホークランド、ガンド、ノイルに囲まれた大きな湾のことでしょう。旧ガンド王国、すなわち本編開始時点でのヴィスト王国領ガンド地方については、シュリナス姫が(ユニットとして!)登場する「海を渡って」マップの南部にロンガスという港町がありますが、ここがホークランド海に面しているのでしょう。さらにタロスハート要塞(ロマン砲)も旧ガンド領内だと語られています。ガンド地方の対ホークランド防衛拠点とのことなので、ホークランド王国に接する辺り、つまりガンド地方の南西部にあると思われます。なお、ミッションマップには現れませんが、ビルド地方とガンド地方の間にヴィスト王国が「カイルラン砦」を建設したことが、テキストで二度ほど言及されています。
 全体地図を見ると、ホークランドの北方にはワノタイ公国(ヴィスト王国に併合)、デルトウル王国(属国化)、モンスワー王国(属国化)がありますが、いずれも本編中では言及されていません。

 旧ヘルミナ王国の領都ラルンを含むマップは、オープニングの全体地図で見ると、ビルド地方の北に位置します。王国領内の中央辺りと仮定して、だいたいこの辺り。ヘルミナ地方には、抵抗勢力がいたりヴィスト軍残党がいたりするヒーゴル砦近辺のマップも含まれます。青色(非必須)ミッションで同一のマップが二度使われる珍しい場所です。どちらのミッションの時も具体的な地理情報は示されていませんが、対エルト抵抗勢力が根強いところなので、クルガに近い東部(領都ラルンの左側)に置いてみました。ただし、これも十分な根拠があっての処理ではなく、あくまで仮初めの図示です。

 さて、ヴィスト王国領。王都ヴィーグルをとりあえずヴィスト王国の中央辺りに置いてみたうえで、ここに来る援軍の方角から、ある程度推測できるものがあります。というのも、ミッション「ヴィーグルの炎」において、事前に「工業都市ワーン」をクリアしていないとミッション途中でヴィーグル北西部のエリア(ムアライン村)に援軍が出現し、また同様に「商業都市タイア」をクリアしていない場合にはヴィーグル南東部エリア(イイサ村)に、「要塞都市クールン」をクリアしていない場合にはヴィーグル南部エリア(ヴィーグル平原)に、それぞれ援軍が出現します。ゲーム的都合を考慮せず上記の事実を額面通りに受け取るならば、ワーンはヴィーグルの北西方角にあり、タイアはヴィーグルの南東方角に、クールンはヴィーグルの南部に、位置していると考えることができます。位置関係からしてワーンが王都の北側にまで行ってしまうのは居心地がよろしくありませんが、仕方ありません。しかし、要塞都市クールンについては、エルト王国軍が王都ヴィーグルに進軍するうえで妨げとなる要衝だとテキストで語られているので、ヴィスト領南部にあるのはたしかに整合性があります。
 ヴィーグルの一つ前の必須ミッションに当たる文化都市ウィルは、地理的な情報は与えられていませんが、ラルンを陥としてからヴィーグルに向かうために避けられない場所にあるものと考え、ラルンとヴィーグルとの中間あたりに置いてみます。「ウィル」という地名も「ウィルマー」との関連をいささか窺わせますので、ヴィスト領西部のウィルマー寄りにあると想定する傍証になるかもしれません。さらに、ジンとも縁のある古都ボルゾは、やはりウィルマー地方(旧ウィルマー王国領)にごく近い場所――つまりヴィストの西部――だと考えるのが自然です。ヴィスト王国の北方方面軍と西方方面軍がここに集められたという事実も、この推測を裏付けます。やはり工業都市ワーンとの位置関係が落ち着きませんが、ヴィーグルの北西方角に置いてみます。
 全体としてヴィスト王国領の地理はどうもすっきりしませんが、そのような不明瞭さをもたらした問題点は、ヴィスト領への侵攻がどのようなものだったのかがテキストで詳しく語られていなかったことだと言えます。その一因としては、上記のワーンやタイアのような随意ミッションが含まれるため、整合性のある叙述が困難になったという事情もあるでしょう。また、そもそもこの作品では時間経過に関する情報がテキストでほとんど示されていないので、王都急襲作戦だったのかそれとも周辺を固めたうえでの侵攻だったのか、といった状況がプレイヤーに解りづらいというせいもあります。

 なお、カーディル王が交渉しに行った西方のレグルリア王国は、ご存じ『グリンスヴァールの森の中』に登場した軍事大国です。そしてレグルリア王国の北側にはグリンスヴァール王国があり、さらにその辺りにライバー共和国とブレッドワード商国がある筈ですが、いずれも『王賊』作中では触れられませんでした。『グリンス』と『王賊』の直接的なつながりは、このレグルリア王国への言及と、ウィットニーのイベント(リディアの「街」地域活動時)の二箇所だけなので、これ以上の詳しいことは分かりませんが。

 他方で『王賊』地図の東方に関しては、いくつかのエンディングや内務大臣のエピソードでわずかに言及されていますが、こちらも詳しいことは分かりません。
 さらに、たとえばエルブワード王国(『巣作り』の舞台)やカナードの街(『ブラウン通り』の舞台)がどこにあるかなどは、何も語られていません。おそらくこの世界のどこかにありそうだという想像だけはできますが、ここで図示できるほどの情報は与えられていません。どこかのマップに「カナードの街」があって、そこで地域活動をしたらイベントが……とか、あるいは優秀な副宰相が突如辞任してしまったクアンデリン王国では云々とか、ドラゴンの攻撃を受けたことによりライトナ王国は云々とかいったエピソードがあったら嬉しかったのですが


 ともあれ、以上のように考えて作成したのが、最初に示したこの全体マップです。かなり推測に依存している部分もありますが、少なくとも必須ミッション(赤色ミッション)のマップに関してはすべて記載することができました。これでこのコドール大陸のだいたいの地勢と、そしてエルト王国の進軍状況とが、ごくおおまかながら把握できるのではないかと思います。なお、これら以外のミッションマップ――魔法使いの塔、コルムス山の「死の森」、ドラゴンの居る山、等々――については、位置関係を特定できるような情報がほとんど与えられず、ここで図示することも不可能でした。また、もしかしたら見落としや誤解があるかもしれませんので、なにかお気づきの方がおいででしたら、ご教示いただければ幸いです。

 あと、もののついでにミッションタイトルを付記した画像内容コメントを書き込んだ画像※ネタバレ注意)も作ってみました。それぞれのマップでどんなことが起きたかを思い出すよすがになればと思います。……あっ! 大黒柱発言が画像のど真ん中に!


 (2008年2月8日版)



攻略関連ページに戻る

トップページに戻る