当サイトがCSV形式で攻略データを公開する理由


 はじめに
 御覧になってのとおり、うちのページでは、ゲームの攻略情報の多くを表計算対応のCSV形式(「.csv」ファイル)で公開しています。このような形式で攻略情報を公開するサイトは、皆無ではなく、私もコンシューマゲームの攻略サイトなどで実際に見たことがあります。しかし、そうした場合でも表計算用データはあくまで補助資料とされており、攻略記事の主要部分としているものは見かけません。つまり、私が行っているのは、かなり変なことなのです。しかし、変であることを認識しつつそうし続けているのには、それなりの理由があります。
※――あらかじめことわっておきますと、以下の説明は本来は不必要なものです。この形式が適当であるか否かは、私が説明せずとも利用者(閲覧者)が各自判断すればよいことなのですから。そして、私がこの方式の合理性をいかに正当化しようとも、利用者が自分にとって有益でないと判断したならば、その人にとってはそれが正しい判断です。


 私見では、この形式でデータを公開することには、入力から表示、そして利用に至るまですべてのプロセスを合理化できるという利点があります。以下、各局面毎に説明してみます。

 (1) 入力の容易性
 表計算ソフトでは、所与のフォーマットとして、あらかじめ行列(テーブル)が用意されています。それゆえ、縦横の項目を適切に設計しておけば、あとはプレイしながら発見した事実を適宜入力していくだけで、きれいに組織化されたデータが作成できます。状況に応じて項目そのものの加除変更もきわめて容易です。普段から表計算データの利用に慣れている人ならば(少なくとも家計簿レベルのことができれば十分)、スムーズに行える程度のことです。
 ただし、注意点がいくつかあります。一つは、このフォーマットに適した情報と適さない情報とがあるということ。キャラ社作品は比較的大量のデータを含んでいるため表計算型の整理に適していますが、AVGの多くは必ずしもそうではありません。しかしそれでも、たとえば各ヒロインに縦列を割り振って選択肢やフラグを記述していくといったように、ワークシートを拡張的なメモ帳として利用することが可能です。
 また、縦横の項目をどのように編成するかは重要です。これがいいかげんだと後で困ることになります(――途中で項目を再編する羽目になったり、そのままでは読みづらいものになったり、大規模な再整理の必要が生じたりするなど)。そういうことが無いように、拡張性、操作性、閲覧性、利便性等々をあらかじめ考慮しつつ項目編成しています。
※――どのような項目を立てるか、そしてそれらをどのように編成するかは、攻略の趣旨に直結し、攻略の深さに直結し、そしてその攻略の独自性に直結します。例えば『巣作りドラゴン』のユニットデータを公開している場合に、(A)初期パラメータと習得可能スキルの一覧を記載することはほぼ必須でしょう。それにくわえて(B)各ユニットの雇用条件をも調査して正確に記載すれば、効率的なユニット収集に役立つものとなり、いっそう有益なものになります。さらに(C)初期パラメータの変動幅を調査すれば、最強ユニット育成に際しても参考になる情報となるでしょう。(D)成長傾向をも調査してあれば、各ユニットの総合的なパフォーマンスを評価することが可能になります。場合によっては(E)各ユニットに関するコメント(アドヴァイス)を付記することも考えられたでしょう。――このように、どのような趣旨でどのような内容を追求するかによって、攻略記事のあり方も様々に異なってきます。私は、誤魔化しの無いデータ型攻略だからこそ、データ化できる事柄はできるかぎり詳細に取り込むように努力しています。
 なお、もしもcactusによる編集形態が適切でないと考える場合には、利用者各自が適宜修正したうえで利用することができます。こうした自由度もまた、後述するように、CSV形式の利点の一つです。


 (2) 記事作成の効率性
 これもインプット面での問題です。上記のように適切な編成でデータがまとめられているならば、そのデータはほぼそのままのかたちで公開することができます(――そして後述するように、そうすることが最善の公開形態になる筈です)。手許のデータは通常は「.xls」形式で様々に装飾や変更を施しながら取扱っていますが、公開時にはそのデータを最低限整理して(私的なコメントなどを削除して)「.csv」形式に別名保存するだけで、即座にサイト公開用ファイルが作成されます。これはたいへん便利です。
 ただし、さきに述べたように、あらかじめデータの編成形態をよく考えておかなければ、単なる散漫なメモの集積になってしまい、作成者以外の他人が読んでも理解困難なものになってしまいます。私自身、そうならないようにできるだけ気を付けていますが、実際に実現できているかどうかは分かりません。また、数式(と見做される文字列)を含む場合には、別名保存の際に多少気を付けねばならないことがあります。折を見てCSVからhtmlに切り替えようかと考えている記事もあります。


 (3) 構造上(形式上)の明瞭性と、データの軽量性
 見てのとおり、公開データの形態は単純明快なカンマ区切り用ファイルです。個々のセルの記述内容とそれらを区切るカンマのみによって構成されており、ウイルスや構文ミスの危険はほぼあり得ません。そもそも複数のコンピュータの間で安全かつ効率的にやりとりするためのフォーマットですし、そしてまた公開者自身のプライヴァシー保護にも寄与します。
 シンプルなCSVファイルであるということは、データサイズの小ささ(軽量性)をも帰結します。例えば――ここで例として挙げてしまうのは申し訳ないのですが――ウェブサイト「愚者の館」が公開しておられる『王賊』のユニットデータ(該当ページ。パラメータおよび習得可能スキル)は500KB以上になっていますが、CSV形式ならば同等内容の情報を60KB程度で記述することができます。htmlに対する長所の一つです。……もっとも、現在では数百KB程度の転送量およびHDD占有はほとんど問題にならなくなっています(:数十MBのデモムービーや修正パッチ、そして数百MBの体験版が日常的にDLされる時代ですから)が、それでも筆者としては、データの軽量性を一つの価値として重視しています。
 さらに、CSVファイルに特有の長所として、その汎用性(取扱いの柔軟性)が挙げられます。Excelだけでなく、様々なアプリケーションで利用することができます(――大半の人はExcel上で利用することでしょうが)。そのほか、CSVについて一般的に言われるメリットの多くが当サイトのデータにも妥当します。


 (4a) 表示上の利便性
 さらに閲覧者(利用者)サイドでの利便性も、htmlに優位します(あるいは、優位することが可能です)。その優位は、閲覧者が表計算ソフト上で(つまり表計算ソフトの諸機能を利用しつつ)データを扱うことができるという点に存します。そして、私が表計算型ファイルでデータを公開している最大の理由がここにあります。
 ひとつは、表計算ソフトはhtmlよりも明らかに大量のデータを扱うのに適しているということです(――本来そういう用途のためのプログラムなのですから)。私が公開しているデータは、縦横にセル数の大きなものが多数あります。例えば「キャラクター辞典」は1250*16、『DC』スキル習得データは145*45、『南国』アイテムデータは370*22、『真昼』依頼書データは1000*23、未公開の『海賊』略奪品データは130*145といった具合です。このようなデータは、表計算ソフトであれば比較的ストレスなく利用することができます(――とりわけExcelの「ウィンドウ枠の固定」機能は、表示上きわめて便利です)。他方で、これらのデータをhtmlでそのまま扱うことはけっして実用的ではありません。取扱うとしても、一定のまとまりごとに分割しなければ見るに堪えないと思われますが、分割してしまうと今度はデータの一体性が失われてしまいます。このように、大量のデータの組織化に適しており、かつそれを適切に表示できるというメリットがあります。さらに、大量の複合的なデータを組織化して利用できるということは、(次項の論点にも関連しますが)データの質そのものを大きく変化させます。
※――ただし、テキストベースのCSVそのままでは装飾ができないという欠点はあります。当サイトの各データをただ開いただけでは、改行とカンマ区切り以外のなんらのマークアップも無い文字列の羅列でしかありません。それゆえ、ここでは、データについて一定の理解を持っている閲覧者が自分にとって使いやすいように自ら再編集することが期待されています。


 (4b) 利用時の拡張性
 表計算ソフトでは大量のデータを「利用」できるというのは、表示(閲覧)のことだけでなく、文字通りの利用をも意味します。htmlファイルは基本的に固定化されたデータですが、それに対して表計算用ファイルはあらかじめ再編集を予定されており、そして実際に表計算ソフトを用いて容易に編集することができます。利用者は所与のデータに対して、内容加除(項目自体の増減も、個々のデータの変更も)、様々なソート(並べ替え)、表示上の変更(マーキングや色分けなど)、そして各種計算を自由に行うことができます。拡張的利用という点でも、利用者個々人でのカスタマイズという点でも、表計算ソフトの様々な機能が役立つことでしょう。そして、SLGの攻略データは、このような拡張的操作ができるのが望ましいと思います(――これは、当サイトのデータを実際に利用している私自身の、経験に基づく感想でもあります)。さらに言いますと、キャラ社作品のプレイヤーたちならば、そのようなデータを自力で活用できる能力を持っているだろうという期待もあります。
※――ただし、htmlテーブルでも、範囲選択してExcel等にコピペすれば容易に再編集できますし、またDLすればソースから書き換えることもできます。にもかかわらずhtmlではなくCSVで公開している理由は、主に三つあります。第一に、上記(2)の記事作成の効率性の考慮から。第二に、これらが多くの場合、確定的な記事ではなく単なるデータであることを強調するため。そして第三に、利用者各自における自由な再編集を強く求めるからです。


 デメリット
 ただし、CSV形式にはデメリットもあります。考えられる一つの欠点は、通常のブラウザとは別個のアプリケーションで閲覧することになるという点。実は私自身はこのことを欠点ではなく利点だと考えていますが、しかし不都合だ(使いづらい)と考える人もおそらくいるでしょう。
 もう一つの欠点は、公開しているデータそのままでは使いづらく、閲覧のために手間が要求されるということ。(i)ファイルをローカル保存してから、(ii)拡張子を手動変更して、そのうえで(iii)ウェブブラウザとは別のアプリケーションで開くという、三重の手間を閲覧者に要求してしまっています。場合によってはさらに(iv)別名保存の手間も加わります。これはまったく申し訳ないことだと考えていますが、しかし上記の多数のメリットと比較考量して、これが一番マシだろうと判断しました。たとえばhtml化することは、記事作成の手間を飛躍的に増加させるうえ、表示上きわめて見づらいものになってしまいます。
 また、拡張子をわざわざ「.txt」に変更した状態で公開していますが、これをCSV拡張子のままで(あるいはXMLなどの形式にして)公開することは考えておりません。CSVデータとして公開してしまえば(環境次第では)ブラウザの中でそのまま表示させることもできるのですが、そのような動作を閲覧者は予期しないだろうし好まないだろうと考えるからです(――私自身、表計算データやpdfファイルのインライン表示が好きではありません)。また、どうせそのままでは閲覧者各自による再編集ができないという理由もあります。CSVファイルをzip圧縮して公開することも考えられますが、メリットとしては「ファイルサイズがさらに小さくなる」「.txtから.csvへ拡張子変更する手間を省ける」がある一方で、「DLする前に内容確認ができない」というデメリットが生じます。私はプレビュー可能であることを重視して、テキスト形式での公開を選択しています。機能性のみを考えるならばXML(XHTML)も良いのですが、そうすると今度はファイルサイズ増大の問題が深刻になってきます。対CSV比で10倍以上になると思われ、それは当サイトとしてはほとんど許容できないサイズです。


 代替的方法の検討
 もちろん、加筆の必要の無い完全なデータを、変更の必要の無い理想的な配列をして、見やすいレイアウトで表示できるならば、htmlの方が良いかもしれません。実際に、例えば『海賊』の釣果データくらいのものならばhtmlで公開した方が良かったと反省しています。しかし、私の調査はしばしば不完全ですし、最善の配列は利用者によって異なりますし、見やすさも人によって異なるうえ、私にはそのような洗練されたレイアウトを提示する能力がありません。その他の形式、とりわけXMLにも多くの長所がありますが、当面の目的にとってはCSVで事足りると思われます。結局のところ、現状のCSV形式での公開は、理想的な最善ではないかもしれませんが、しかし現実的な手段の中では最もマシなものとして(そういうつもりで)選択された方式です。
 ちなみに、htmlテーブルから表計算データへの移行は、ただのコピペですぐに(容易かつ迅速に)実行できることではあります。しかしそれでは無駄なタグまで付いてきてしまいますし、上記のようなデータの明瞭性や軽量性をも考慮すると、それならいっそ初めからCSV形式でデータ公開するのが手っ取り早いだろうというのが私の判断です。
 データの漸進的蓄積という点に関しては、wikiを利用するのも有益でしょう。実際に『Wizard's Climber』攻略に際しての「ソフトハウスキャラ総合wiki」は、十分な成功を収めたと思われます。当サイトが扱っているような旧作の攻略に関してはwikiによる情報集積はあまり期待できませんでしたが、今後の新作についてはきわめて有効なスタイルだと思われます。


 以上のほかにも様々な事情と様々な考慮があるのですが、大筋としてはだいたいこんな感じなのだとご理解いただければ幸いです。


 (2009年1月9日版)



攻略関連ページに戻る

トップページに戻る